Better Days!!

今日も明日も良き日を過ごせますように!!

山口達也さん「書類送検」。 豚肉万引老人「逮捕」その上長期間勾留への違和感

f:id:hi-kenta:20180426201201j:plain


人気アイドルグループTOKIOのメンバー 山口達也さんが、未成年の女子高校生を自宅に呼び出したうえ無理やりキスを迫るなどの行為をした。
 
女子高校生は警察に被害届を提出したもののそれを取り下げ、示談に向けて話が進められているということ。
 
山口さんは書類送検され、本日、涙の記者会見および本人の無期限芸能活動休止を発表したということが非常に大きなニュースになっていますよね。
 
 
TOKIOは、結成以来非常に人気があるだけではなく、テレビ番組「鉄腕ダッシュ」の高視聴率に見られるように、まさに「老若男女」幅広い世代から支持されているアイドルグループ。
 
そして山口さんは結成当初からのメンバーです。
 
・なぜ、昨今の官僚セクハラ問題など、世が性に関する問題にとても厳しい折、そんな一見稚拙とも思える事件をいとも簡単に起こしてしまったのか?
 
・なぜ、性犯罪なのに「逮捕」でななく、「書類送検」となったのか?
 
・なぜ、ニュースが駆け回った際、「山口達也『メンバー』」という呼び方をしたのか。
それは、芸能界に絶大な影響力をもっているジャニーズ事務所へのマスコミの「忖度」ではないのか? 等
 
様々な議論や憶測がなされています。
 

 

87歳の痴呆症の老人が逮捕の上長期間勾留、無罪判決となった事件を思い出した。

 
痴呆症を発症していた87歳の御老人。
スーパーに買い物に行った際、両手がふさがっていたので会計まで上着のポケットに豚肉のパックをしまっていた。
痴呆症の影響か、会計した際ポケットの豚肉の会計を忘れ、そのまま万引きで御用。
逮捕されたのはまだしも、釈放までなんと2週間以上勾留されたという事件がありました。

 

なぜ、山口さんは「書類送検」で、御老人は「逮捕」のうえ長期間勾留なのか?

 
わたしも、今回の山口さんの事件、疑問に思う点は数多くあるのですが
 
とりわけ、なぜ山口さんが老人がされた逮捕のように身体を拘束されない「書類送検」ですんだのかという点です。
 
 
その理由について解説しているサイトがありました。
 
”ーー今回は逮捕ではなくて書類送検となったが、いったいなぜ?
 
当初は否認していた。認めていなかったということなんですがその後、容疑を認めています。
これが一番大きいと思います。無理やりキスをするという行為は絶対許されませんが、そこまで悪質な行為ではないだろうと判断されて身柄を拘束する逮捕ではなく、書類送検にとどまったんだろうと。
もう1つ言えるのは、山口メンバーはかなり有名ですから、そうすると逃亡の恐れはありませんから。身柄を拘束するまではないだろうと。そういう見方をしたのではないかと思います。”
 
 
つまり、
 
山口さんは最終的には罪を認めたし、有名人で逃亡する危険性がない
逃げないのだから、身体を拘束する(逮捕)する必要がない
だから、書類送検ですました。
 
ということです。
 
であれば、90歳の御老人の場合はどうだったんでしょうか。
同じケースに当てはめてみましょう。
 
御老人は、痴呆症かもしれない、罪を認めているかどうかも現時点ではわからない
逃げる可能性もあるかもしれないから、とりあえず逮捕しちゃえ!
逮捕した後も言ってることも良く分からないから、わかるようになるまで長期間勾留しちゃえ!
 
ということになると思います。
 

 

87歳の老人が逃亡するのか?

 
わたしは、法律の専門家でも何でもありませんし、上記理由の想定は間違っているのかもしれません。
 
 
でも、でもですよ!!
 
手錠をはめられた状態で警察署に連行され、取り調べの期間は警察署内の「留置場」(いわゆるブタ箱です)に留置され、外界との連絡は一切遮断、身体的に完全に拘束される「逮捕」。
 
それと、身体的拘束をされず在宅のまま取り調べが行わる、「書類送検」
 
「逮捕」か「書類送検」どちらを選択するか。
 
その判断で大きなファクターを占めるのは、記事にもあるように被疑者に「逃亡の恐れがあるかないか」です。
 
 
であれば、90歳の老人が逃亡するのでしょうか。
可能性は0ではないのかもしれません。
 
でも、老人には身元引受人(老人の奥さん)がいました。
奥さんに万引きした事実を伝えて、日々の老人の行動を注意深く見守ること。
取り調べの際は捜査警察署に一緒に同行してもらうなど確約してもらえれば、わざわざ逮捕する必要はなかったのではないかと思います。
 

 

逮捕後の長時間勾留はさらに意味わからん!

 
万引きしたのは事実なのですから、仮に逮捕までは致し方がない行為だったとしましょう。
でも、逮捕後取り調べ等のため、法律で認められた72時間の被疑者勾留ならまだしも、それを超えてさらに長期間勾留したとは意味が全く分かりません!
 
法律では、事件を継続捜査を担当する検察官が
 
・更なる捜査が必要
・釈放した際に被疑者の逃亡・証拠隠滅の恐れがあると判断した場合
 
被疑者の更なる勾留を裁判所に請求し、裁判所が許可した場合勾留を延長することができます。
 
豚肉1パックを万引きしただけで、立件するのにさらに捜査が必要で、身元引受人がいるのにも関わらず90歳の老人には逃亡・証拠隠滅の恐れがある。
 
そう検察官が判断し、裁判所が許可したのです。
 
 

これが法治国家日本の現実です!

 
 
日本は「法治国家」ですよね。
法治国家とは、「国を治める際、法律をなによりも優先すること」ということです。
そして現代では、法律は「万民の前で平等」であるとされています。
 
わたしは、けっして、山口さんを「逮捕すべきだったと言っているわけではありません。
 
 
山口さんも、御老人も
逃亡の恐れがないならば、両人とも「書類送検」とするのが法治国家であり近代国家である日本のあるべき姿ではないか。
 
 
山口さんのニュースを見ていてそう強く感じたのです。
 
 
あなたは、今回の事件の処分
 
どう思われますか。