Better Days!!

今日も明日も良き日を過ごせますように!!

相撲騒動にみるダブルスタンダードの弊害とは?

横綱日馬富士による貴ノ浪関への暴行問題に端を発した、相撲界及び相撲協会における騒動。
 
日馬富士は責任をとる形ですでに引退、貴ノ浪関の親方である貴乃花親方は前代未聞となる相撲協会の理事を2階級降格となる処分で一旦幕引きとなるような気配です。
 
暴力事件があった際、現場に居合わせていて、早期に止めることができた立場にもにも関わらずそれを行わなかった。
その責任についても追求されている横綱 白鵬関。
相撲の取組方ががっぷり四つに組んでからの決まり手が「押しだし」のようないわゆる「横綱相撲」ではなく、張り手やプロレスの技の「エルボーパンチ」に似た「かち上げ」のような技を使っていることで、「横綱らしくない」、「横綱が持っているべき品位に欠ける」という非難の声が一部あがっていますよね。
 
日本人ならば、理解できない感情ではないのですが…。
なんか、その批判変だとは思いませんか。 
 
先日テレビ番組でビートたけしさんが、
「張り手やかち上げも相撲の技としてちゃんと認められている。」
なのに、「認められた技で勝負しているにすぎない白鳳を避難するのはおかしい」
と意見を述べていました。
 
私も、そのとおりだと思います。
 
「ルールを守って、全力で真摯に戦う」がスポーツの大前提で、そのような姿勢が我々みる者、応援するものを感動されるのですから。
 
でも、相撲ではなぜか、ルールを守って戦っても、
横綱相撲での戦い方」=勝っても良い。負けても許される。
横綱らしからぬ戦い方」=勝っても負けても非難される。
という歪な法則が存在します。
 
相撲界が長年に渡って持ってしまっているそのような歪な法則・ダブルスタンダードの存在が今回の騒動の原因の一つなのではないでしょうか。
 

貴乃花親方の行動は真っ当なことをしただけである。

 

 
横綱日馬富士による貴ノ浪関への暴行があった際、貴乃花親方は警察に被害届を提出しました。
何針も頭を縫ってしまう大怪我です。
一歩間違えてしまえば、命を落としていたかもしれません。
日本は法治国家で法律が優先され、我々の生活や生命・社会秩序も法律を皆が尊び守っていくことで保たれています。
日馬富士は、他人に明らかな暴力をふるってしまったのですから、被害者は警察にそのことを報告し、加害者は法律に則って処罰されるのは当然のことだとおもいませんか。
ルールに則って行動しただけなのですから。
 
ところが、相撲界では「かわいがり」と称して先輩の後輩に対する暴力が、あたかも教育の一環で行われてきた経緯があるようです。
今まで、程度の差はあるにせよ「かわいがり」が黙認されてきたようなこともあるとおもいます。
ただ、社会情勢の変化により現代はそのようなことは許せれるべきではない世の中になっていますし、今回の貴乃花親方の行動が一歩間違えれば公にならなかったかもしれない事件を世間に明るみにさせた。
そういった意味でも、貴乃花親方の行動は何ら非難される必要はないのです。
 

白鳳も真っ当なことをしているだけ。横綱らしからぬ取組もなんの問題もなし。

 
横綱らしくないと非難される白鵬も、土俵に上がりルールに則って相撲を取っているだけですよね。
決してルールを破って取組をしているわけではないのですが…。
なぜ、それが横綱らしい、横綱らしくないといった、主観的、情緒的な理由で非難されてしまうのは間違っているかと思いませんか。
 
相撲協会に暴力事件があったことを報告しなかった貴乃花親方の行動には賛否両論があります。
ですが、ルールに則って警察に直接被害届を提出した行動そのものには非難の声はほとんどありません。
 
でも、白鳳の土俵上の行動が非難され、貴乃花親方の行動が非難されないのは矛盾がありますよね。
 

ダブルスタンダードではなく、決められた「ルール」を尊重しきちんと守ると教育することが大切

 
日本の国技である相撲が国際化されてかなりの月日が経過し、白鳳に代表されるように外国人力士も多く在籍しています。
これからもさらなる国際化が進んでいくと思います。
「かわいがり」=「教育の一環」であれば暴力をふるっても致し方ないと教えられることはないまでも、それを間近で見てきた外国人力士がいると思います。
そのような方、そして日本人力士を含めて今一度、「ルールを尊重し、それを守って行動する」ということを再度認知していただく。
 
我々相撲を見るものも、ルールを守って取組をしている力士に対しては、その勝ち負けに対して決して非難をしない。
(非難することと、力士の好き嫌いが生じることは別です。。)
 
そのような、姿勢が必要ではないかと思います。
皆さんはどう思われますか。