Better Days!!

今日も明日も良き日を過ごせますように!!

石田ゆり子炎上、天海祐希なら炎上しなかったと思う件

f:id:hi-kenta:20180510204012j:plain

女優の石田ゆり子さん。
 
自身のインスタグラムで
"自分が過剰に感じるという店員の接客について投稿し「それは、やはりちょっと疲れてしまうんですね つかずはなれず。距離を保つ。察する。というのはやはり必要かと思うのです」との私見をつづった。”
 
それに対して、”販売員の仕事を否定したと受け取った一部ネットユーザーから反論や批判の声が上がった。”
 
引用
 
インスタグラムはいわゆる、「炎上」をしてしまい、投稿を削除してしまったことがニュースになっていますよね。

 

(ゆり子さん。原田知世さんとならんでわたしの大好きな女性です。ゆり子さんをしょうもないことで、悲しませないでほしいですよ...)

 

どう考えれば、「販売員の仕事を否定した」という意味になるのか?

 
この発言、どう読み取っても
あくまでもゆり子さんがこうゆう販売員に接客されると「疲れてしまう」と感じる場合があるということを言っているだけですよね。
 
おそらく、発言の真意はこうです。
 
「もしかしたら、私同様に疲れてしまう人もいるかもしれないので、つかず離れず。距離を保つ。察する。というのは必要かもしれないと言いたかった。」
 
ご自身も言っているように、あくまでもゆり子さんの私見を述べただけで、全く、販売員の仕事を否定していることになりませんよね。
 
 

販売員の仕事を否定した発言ならこうなるはず

もし、批判していた(ちょっと、かわいそうな人々)が主張するように、販売員の仕事を全否定するならばこういう言い方になるでしょう。
 
「正直、服なんて好き勝手に選ばせてほしい。いちいちデザインが素材がどうだの言ってくるのはウザい。何のために販売員という仕事があるのか意味不明です。」
となるでしょう。
 
そんなことは一言もゆり子さんは言っていませんね。
 
一体、炎上に加担した(ちょっと)かわいそうな人々は、なんの根拠をもってゆり子さんが販売員の仕事を否定した」となるのでしょうか。
 

販売員は商品説明するのが仕事だからか?

 
批判した(かわいそうな)人々は、こんな風に考えのかもしれません。
 
「販売員は、商品の説明をするのが仕事。説明することを否定される=販売員という仕事そのものが否定される」と。
 
でも、良く考えてください。
 
例えば、店に立ち寄った人が洋服の肌触りが素晴らしくお気に入りなんだけれども、デザインはいまいちだと思っていたとしましょう。
そういった人に、
 
「このデザインはこの夏流行の○○なんですよ!」
とか
 
「ファッションデザイナーの〇〇さんの手がけたものです」
 
とか言っても、デザインを気に入っていない本人にとってはどうでもよいことなので、話されてもうわの空か、むしろ迷惑に感じるはずです。
 
人間は、本当に「現金」な存在で、自分の興味のあることしか基本的には関心を示さない生き物なのですから。
 
そのようなお客さんの場合
販売員の役割は同じ肌触りだけれでもデザインが異なる洋服をチョイスしてあげたり、案内する事ですよね。
 
そうすれば、お客さんは喜んでくれます。
 
 

お客さんが求めていることに答えるのが販売員の仕事

 
わたしは、販売員ではなく法人相手の営業職です。
 
営業でも同じことが言えると思いますが、販売員の仕事は「説明したい商品の事柄」のうち、お客さんが求めていることを想定し選別した上で説明することだと思うんです。
 
ゆり子さんの説明にもあったじゃないですか「察する」という言葉が。
お客さんが求めていることを「想定する」=「察する」ですよね。
 
だから、お店にお客さんが「今日はちらっと見に来ただけ」と察したならば、「いらっしゃいませ」と一言、帰り際に「又お待ちしております。」と声をかけるのが立派な販売員の仕事だと思うんですよね。
 
おそらく、ゆり子さんもそういったことが言いたかったような気がします。
 
 

天海祐希が言っていたら炎上にはならなかった?

 
わたし思ったんですよね。
これは、石田ゆり子が言ったから、ここまで炎上したんじゃないかって。
 
石田ゆり子さんは、ホンワカで癒し系のキャラじゃないですか。
 
なぜか、日本はそういうキャラに見られている有名人が、自己主張をちょっとでもすると、急に批判なんかを始めたりしますよね
 
・女子フィギュアスケートの浅田真央さん
 
・女子スキージャンプの高梨沙羅さん
 
沙羅さんなんか、女子では普通のメイクをしたり、自分で買ったベンツに乗っているだけで、「天狗になっている」とか言われていました。
先日のオリンピックで銅メダルを取った時は、正直、とても「ホッ」とした方も多かったのではないでしょうか。
 
これで、言われもないパッシングが終わると。
 
AKBの峯岸みなみさんなんかも、ライザップでせっかく痩せたのに
これも、「調子にのってる」とか結構言われていましたよね。
 
なぜか、癒し系キャラに対して、日本人は無意味に厳しいところがある
 
だから、石田ゆり子と違って「姉御」的キャラの天海祐希が同じことを言っていたら、炎上なんかせずに
 
むしろ「良く言ってくれた!」「さすが姉さん。」なんて称賛されていたかもしれないと思ってしまったニュースでした。