Better Days!!

今日も明日も良き日を過ごせますように!!

アメフト「勇者」と「卑怯者」余りにも対照的な記者会見について

f:id:hi-kenta:20180524183551j:plain

日本大学アメリカンフットボール部による関西学院大への悪質タックル問題。
 
先日、タックルを仕掛けた部員および田口元監督・井上コーチが記者会見を開きましたよね。

勇気のある行動・受け答えに驚いた

 
若干20歳にもかかわらず実名でかつ、本人が顔を出して記者会見を開いた宮川選手。
 
悪質なタックルを仕掛けてしまった。
そして仕掛けられた選手がケガを負わせてしまった事実は厳粛に受け止めなければなりません。
 
監督の指示であったならば、選手には責任が全くないかというとゼロではないと思います。
その判断はとっても難しいと思いますが...。
 
でも
 
実名かつ顔出しで記者会見をすればそれこそ全国中に名は知れ渡ります。
 
1人のラグビー選手としてのみならず、将来就職する時にも悪影響が出る可能性もあります。
 
そんな負の影響が考えられる中、本人が
 
・相手選手や関学大の関係者にあらためてお詫びしたい
 
・監督の指示があったか、無かったか事実関係を明らかにしたい
 
などといった真摯な気持ち
 
それを記者会見をすることによって自らの不利益が被る可能性も大いにあるのにもかかわらず大勢の前で話したという事実。
 
その対応そのものは本当に勇気がないとできないものですよね。
 
まさしく「勇者」の対応だとわたしは思いました。
 
 

対照的な田口元監督と井上コーチ「卑怯者」の対応

それに対して、悪質タックルを指示した疑いのある田口監督および井上コーチの会見
まさに、「卑怯者」の対応でしたよね。
 
宮川選手が会見で
 
・「最初からつぶしに行け!」
 
・「アライン(守備ポジションと狙い)はどこでもいい」
 
・「相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」
 
 そのようなことを言われたと明確に語りました。
 
それにもかかわらず、今この場におよんでも
 
・「自ら指示はしていない」
 
・「監督と選手で解釈のかい離が生じてしまっていた」
 
との発言を繰り返し、自分が指示をしていないことを強調するばかりか、タックルをしたのは選手の意志でありまるで責任を宮川選手本人に転嫁しようとしている有様です。
 
あー。情けない。
 
前回も言いましたが、宮川選手は「監督・コーチからの指示があった」と断言することで自ら利益を得ることは何もありませんよね。
 
むしろ、田口元監督のようなラグビー界の実力者を敵に回すことで不利益を受ける可能性が大いにある。
 
元監督からの指示があったという証言をしたことが本人になんの利益を生まない以上、田口元監督から直接の指示があったことは明白でしょう。
 
それに、もし本当に指示をせず、「監督の指示」と「選手の解釈・行動」にかい離が生じた結果の悪質タックルだったならば、
 
なぜ、タックルをした後に「こんな危険な反則行為はやめろ」と宮川選手に厳重注意し、以後の時間は試合に出させないようにしたはずですよね。
 
なのに映像を見る限りは、反則をした後ベンチへ戻る宮川選手を叱るどころか、「よくやった」とコーチ陣は迎えているように見えます。
 
宮川選手の証言やチームメイトからの告発、映像等状況証拠がここまでそろっているのに「指示がなかった」と言ってしまえる彼らの記者会見には本当に呆れてしまいました。
 
 

田口元監督は大学役員をやめるのが筋

 
宮川選手は会見の中で
 
「もう競技を続ける資格が自分にない。アメフトをやめるつもり」
とも語りました。
 
一方、田口元監督は監督は辞したものの大学の役員はやめておらず、進退は大学側にゆだねるという表明。
 
まだ若い20歳で将来の日本代表候補とも言われる才能あふれる逸材が自ら起こした行為の責任をとって競技をやめようとしているのです。
 
田口元監督は、監督のみならず大学役員も大学側の判断を待たず、自ら辞意を表明すべきですよね。
 
だって、後任の監督が新しいチームを率いたとしても実質的にNO2とも評される大学の実力者として田口氏が残っていれば、その影響力は新チームにも及びますから。
 
実際、いわゆる「院政」を引くのではないかという論評もあります。
 
田口氏は、記者会見の中で宮川選手が競技をやめるかもしれないということについて問われ
 
「間違いなく日本代表になる才能がやめてしまうことはとても悲しいことだ」
と言っていました。
 
田口氏は、今回の騒動について
全部自らの責任で起きたことであり、弁解はしない」と言いました。
 
であれば、「自分の責任で」起こしてしまった出来事で才能ある若者が競技をやめようとしている。
 
宮川選手がそれを表明する前に、大学の役員もやめ、「今後一切」日大とのかかわりを断つと田口氏が言うのが筋だったのではないでしょうか。
 
 
勇気があり、真実を述べた宮川選手の記者会見に比べて
「ずるい・卑怯な」田口氏・井上氏の記者会見
 
正に対照的な記者会見でした。